富士山に登るには、オナ禁1ヶ月やっとけ

タイトルのとおりです。

富士山は簡単な山ではありません。退屈ではあるけれど、簡単ではありません。とくに初心者の方は途中で脱落することも多いです。

私から初心者にアドバイスをするならば、富士山に登る日程を決めたら、その1ヶ月前からオナ禁をしておけ!ということです。

オナ禁ってなんのことかわからない登山有志のみなさまには、オナ禁の効果をまとめたサイトなどが参考になりますよ。

では、1ヶ月オナ禁した状態で富士山に登ったらどうなるか。実践した細田の経験を語ります。

まず、全然疲れません!

これ、びっくりでしょう?もちろん部分的な息切れやハムストリングスのダメージはあります。しかしすぐい回復します。

例えば2時間あるくとします。休憩も入れますよね、当然。そういったことを繰り返していても、体力の回復が早いんですね。

疲れるのに時間が掛かる(=疲れにくい)。かつ、休んだ時に回復が早い。回復量が多い。次に疲れるまでの時間が長い。

こんな感じになります。

富士山は歩行時間が長く、とくに8号目〜9号目あたりが酸素も薄くなり、体力の消耗も激しくなります。

オナ禁をしていなければ、カップルだと別れる原因になるくらい、初心者にはこたえる山です。

以前私の知り合いの可愛い女性は、付き合ったら早いうちに富士山に登る、と言っていました。富士山は人間性がでるから、そこですぐ判断できるから、といっていました。

これが可愛くない女性だったら「は、何言ってんだこいつ?」で終了なところです。しかし問題は可愛い女の子が言っていたから私は真に受けてしまった、ということです。

でも心配はいりません。

オナ禁をして富士山登頂に臨んだ場合、逆に差を見せつけることができるからです。全然疲れるそぶりを見せずに歩く男の姿は、女性にはたくましくカッコよく、頼れる存在として映るでしょう。

普段もしマイナスイメージで捉えられていても、見直されること間違いなしです。

ですから、富士山には好きな女性やカップルでいくことをお勧めします。そしてその際には1ヶ月前からオナ禁してくださいね。

我慢しすぎて1日前にリセットしてしまっては逆効果なので、そこは踏ん張ってください(笑)